生命保険 - 保険金イメージワークフロー

概要・導入効果

保険金業務では、取扱う様々な種類の帳票(請求書、レシート、診断書等)のハンドリング並びに、お支払いの条件から金額等を算出するが故に、高度な保険知識が必要な業務となります。
また紙主体による業務運用を行った場合、厳密な期日管理の徹底やロケーションが限定される為に、BCPの観点からも非常にリスクを抱えた運用体制となっております。

結果、事務面では高度な知識を有する組織体制となり、属人化が進みます。
柔軟な組織を構築する為には、この属人性を撲滅する事が必須です。

こういった課題に対し、保険金イメージワークフローでは、『ペーパーレス化の実現』『工程・期日管理の徹底』『作業の簡素化、不備レスの実現』をポイントとして、事務・システム両面より抜本的な課題解決を実施する事が可能です。

導入前の課題

導入効果

特長・製品

1.BPMイメージワークフローによるペーパーレス化の実現

【BPMによるイメージワークフロー特長】

①汎用高速スキャナによる、様々な帳票の高速・混在スキャニングの実現。

②イメージ化により、ロケーションフリー化。BCPとして別センターの構築を可能に。
 更に診断書エントリ等、オフショア・ニアショア化を推進。コストダウンを実現。

③BPMにより受付からお支払までの工程を管理(期日管理・支払い漏れの根絶)。
 工程管理の実現により、課支社・代理店等に情報を公開。顧客対応力を強化。

BPMによるイメージワークフロー特長

弊社製品・サービス

2.作業の簡素化・平準化・自動化の推進

①請求勧奨に必要な条件を『ルール』としてBRMSに実装。
 コールセンターオペレータへ顧客支払い条件に従い、質問項目を画面よりナビゲーション。
 請求勧奨ルールは、保険金自動査定ルールとして活用も可能。

②受付情報より、顧客ごとのオーダーメイド帳票を生成。
 必要書類や、記入箇所を限定出来る為、顧客負荷軽減と共に、不備のない業務運用を可能に。

作業の簡素化・平準化・自動化の推進

導入後イメージ

導入後イメージ