銀行 - 統合事務集中ソリューション

概要・導入効果

プリマジェストの統合事務集中ソリューションは銀行の事務全体に様々なメリットを提供し、プロフィットセンター化を実現します。

電債や収納チャネルの増加により業務量が減少しており、業務毎のシステム導入コストが見合わず、システムの老朽化などを招き、保守期限切れや業務停止のリスクが高まっております。
プリマジェストは業務間でリソースを共有することで投資コストを抑制し、事務センター全体の最適化を実現します。
また、業務を作業特性によって分業化し、無駄のない人員運用体制を構築する事が可能です。

導入前の課題

導入効果

特長・製品

センター事務効率化

現行、業務ごとのシステム、ハード、人員体制となっている各業務を、業務共通基盤により段階的に業務統合します。
高速・中速スキャナによる混在処理。イメージ処理技術による業務固有情報(仕向先、委託先等)入力の自動化・専門性軽減、文字認識によってエントリ補助を実現しセンター事務を効率化します。
またシステムによってリソース(HW、SW)の共有や分業化によりセンター事務全体の統合・最適化・効率化が可能です。

特徴・製品

プロフィットセンター化

プリマジェストの統合事務集中ソリューションは税金業務において、銀行様だけでなく自治体様へもメリットを提供します。納入済通知書にもとづき、銀行様が収納データを作成し、媒体または伝送により自治体様へ提供いたします。自治体様は、収納データによる消し込み作業の自動化を実現します。
・自治体様 :納入済通知書にもとづき、消し込み作業を行っており、データ作成のための体制確保が必要。
・銀行様 :集計、分類、日報作成(自治体様によっては、十種類以上の様式)等、統括店の作業負荷になっている。
自治体様の業務を受託する事で銀行様のFeeビジネスとなり、双方にWin-Winの関係を構築できます。

プロフィットセンター化

弊社製品・サービス

弊社製品・サービス