JA -「予約注文書」入力業務省力化ソリューション

大量の「予約注文書」の入力を短時間で効率的に処理。JAの自己改革実践への道筋をつけます。

顕著に表れる時間削減効果および単純業務を集約化し効果・効率をさらに向上

ソリューション概要

JAグループでは「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」を目標とする「創造的自己改革」の実践が進められています。営農経済事業においては、「推進活動(組合員に対するコミュニケーション)の強化」「出向く体制づくり」という取り組みが重要とされ、喫緊の課題と考えられています。課題解決に必要なのは、業務の効率化であり、これによって生まれる時間の確保です。

プリマジェストの「予約注文書」入力業務省力化ソリューションは、営農経済事業における購買事業の基幹業務の一つ「予約購買」で使用する予約注文書の入力業務の省力化を実現します。

ソリューションのベースは「OCR + RPA」のシステムで構成。これまで手作業で行われていた大量の予約注文書の入力を、短時間で効率的に処理できるようになります。

職員の時間が確保され「推進活動の強化」「出向く体制づくり」が進むことで、組合員の満足度向上・収益拡大に貢献。さらには在庫適正化も促進され、登用から予約への誘導、つまりは組合員に対するメリットを、より的確に提供できるようになります。

このソリューションは、小規模な仕組みから着手するスモールスタートが可能です。着実な成功体験と確かな効果を得ることにより、JAの自己改革実践への道筋をつける、その第一歩として有効です。

このような課題を解決します

このような課題を解決します

ソリューション詳細

顕著に表れる時間削減(入力作業時間、注文書検索時間)効果

「予約注文書」入力業務省力化ソリューション導入による効果は、数字として顕著に表れます。納品先のJAでは、導入前と比べて、「入力作業時間」が85%減、「注文書検索時間」は80%減と、それぞれ大幅な削減を実現。これによる効果は年間数千時間、コストは数百万円分の削減を果たすなど、高い効果が認められています。
また、業務の性質上、数値データの把握が容易であることも大きなポイントです。定量的な結果報告を可能にすることで、より計画的に取り組むことができます。

予約注文書入力・検索に関する所用時間の削減効果

業務フローも改善し、単純業務を集約化

ソリューション導入は、業務フローの改善も同時に実施します。予約注文書を従来の「回覧方式」から「個別配布」へ変更することで、単純業務を集約化。また、随所で「見える化」できるため、進捗状況の把握が容易に、要員の割り当てなども迅速かつ柔軟に対応できるようになります。

予約注文書入力業務の改善効果と狙い

各種サービスとの組み合わせで、効果・効率をさらに向上

プリマジェストでは、「予約注文書」入力業務省力化ソリューションだけでなく、これと組み合わせることで、さらに効果的・効率的にプロジェクトを遂行できる、様々なソリューションやサービスを用意しています。
たとえば、スキャニングサービス。弊社にスキャニング作業全般をアウトソーシングしていただければ、入力作業に要する時間・手間は、さらに削減できます。

また、このソリューションで確保できた時間と、作成したデータを、効果的な推進活動につなげるマーケティング施策の立案・遂行。さらには、そのベースとなるCRMプラットフォームの構築(※)、DXの推進など、プリマジェストではサポート可能です。
※CRMプラットフォームの構築:2022年に商品化・提供開始の予定です。詳細は弊社営業担当者におたずねください。

関連製品・サービス

定型帳票認識 XDR-III[ICR/OCR]

日本語帳票の読み取りに特化した高精度自動認識ツール。その読取精度とパフォーマンスは、銀行・保険・官公庁など、ミッションクリティカルな市場で多数の実績を誇り、お客様から高い評価を獲得。

RPA ロボティック プロセス オートメーション

お客様バックオフィス業務での手作業に対して、業務品質の平準化や業務精度の向上、省力化、省人化を実現。これまで培った業務ノウハウをベースに、各種プラットフォームと組み合わせて提供。

アウトソーシングサービス

各業界における受託業務運用実績に基づき、業務フロー全体の見直しから、イメージワークフローの導入、セキュリティに配慮した最適なシステムの提案など、業務効率の改善に繋がる最適なサービスとして提供。

スキャニングサービス

創業以来一貫して培ってきたイメージスキャンの技術を用いて、大量の紙文書を短時間で電子化。紙文書の保管に関する紛失・滅失のリスクはもとより、場所、時間、人のコストなど、様々な問題を解決。

超高速スキャナ ImageValue 20

多彩な機能を搭載し、さまざまな業務で運用可能な汎用性を持つオープントラック構造を採用した世界最高速レベルのスキャナ。最新の画像処理技術を採用しており、ICR認識率が飛躍的に向上。