銀行 - 税公金・歳入金等 アウトソーシング

概要・導入効果

銀行での税公金、歳入金等の取り扱い業務は、その業務コストの低減化は銀行経営にとっては急務となっております。

大手銀行では、その処理件数は多角化した収納方法にもかかわらず、依然、処理量は多くその事務負担は膨大なものとなっております。

プリマジェストでは公金、歳入金等業務を集約し取り纏めたアウトソーシングによるコストの低減化を実現します。
この業務は、大量処理だけではなく時限性と事務品質の確保も求められる業務で、業務遂行には大変高いハードルが伴いますが、本業務での長年の実績とノウハウをもつプリマジェストのトータルソリューションが全ての課題を解決致します。

導入前の課題

導入効果

特長・製品

共通基盤でのシステム構築と運用の標準化により真の集約化処理を可能にし、コストの低減化を実現しました。

税公金・歳入金等システムでは、読取機、分類機、エントリ端末等の機器は税公金及び歳入金等で共有可能なシステムを構築しました。また、運用の標準化を実施し繁忙期などにもシステムだけでなく、要員の相互利用を行うことで業務の状況(繁忙、通常期差異)に応じた無駄のない柔軟な運用を可能としました。また、コンテンジェンシーの面でも機器および要員のバックアップ体制を確立しています。

銀行、税公金・歳入金等のアウトソーシング総合イメージシステム図

最大100ポケット専用分類機により煩わしい分類作業の自動化を実現しました。

税公金・歳入金等業務では、必須作業である分類作業を100ポケット専用分類機により手分類をなくして自動分類を可能としました。
これにより、誤分類防止と大量処理を実現いたします。また、年々増加し事務負担の大きくなっている税公金の自治体別取り纏め処理対応における税目別分類でも大幅な効率化を可能とします。
更に帳票認識ツールにより認識率向上による入力効率化と収納印などの自動チェックを実現いたします。

税公金・歳入金最大100ポケット専用分類機概要図

専用読取機と専用分類機を併用活用で並列処理を可能とし、処理時間を大幅に短縮し時限性を確保しました。

 本業務では、受入れから前捌き、読取、認識・精査、確査、発送までの作業を限られた時限内で処理を行うことが必須となります。
しかも繁忙期と通常期との件数の格差も大きく、そのうえで事務品質を確保した業務の実施が求められます。
弊社では長年培ったノウハウ(イメージング、運用)とハードウエア(専用読取機、専用分類機)およびシステムによりその事務品質と時限性の確保を実現しています。

PGIスキャナ・分類機併用型並列方式と他のスキャナ分類機一体型直列方式の時限姓比較図

弊社製品・サービス

導入後イメージ

銀行の税公金・歳入金等アウトソーシング導入後イメージ