XDR-III

(エックス ディ アール スリー)

概要

日本語帳票の読み取りに特化した高精度自動認識ツール

日本の帳票の読み取りには、漢字・ひらがな・カタカナといった多様な固有文字の認識と、複雑な構成の表を正確に判別する帳票分類機能を併せ持つことが求められます。
XDR-IIIは、帳票毎に異なる罫線のスタイルから帳票の種別を即座に判別し、手書きを含む各種日本語文字を高精度で読み取ります。さらに、バーコード認識や住所・名前などの辞書機能により、幅広いニーズに対応できます。
銀行・保険・官公庁など、ミッションクリティカルな市場で多数の実績を誇り、多くのお客様からその読取精度とパフォーマンスに高い評価をいただいています。

特長

XDR-III

高精度な自動帳票種類判別とICRエンジン(文字認識)を提供するツールです。

XDR-III特長
  • 専門知識不要の簡単な登録環境を提供します。
XDR-III専門知識不要の簡単な登録環境を提供します。
  • 認識エンジンから出力される読み取り結果を利用して、
    様々な修正画面を構築できます。
個別文字認識結果を利用した例。読み取り結果候補を使用した例

機能

XDR-IIIは、帳票の種類を判別し、記入文字をOCRする機能をもった組み込み用のエンジンと帳票情報を作成するためのツールから構成されています。

XDR-III機能
  • 帳票種類判別

帳票種類の判別は、ツールが自動的に抽出する罫線特徴とあらかじめ指定するタイトル領域により判定されます。運用時には回転方向(4方向)も自動判定します。

XDR-III帳票種類判別
  • 文字認識方式(定型情報除去)

四角枠だけでなく、プレ印刷文字がある枠や罫線など四角枠でないものにも、設定時に登録されたイメージを参照画像として持つことにより対応しています。

XDR-III文字認識方式(定型情報除去)

動作環境

機能 システム要件
サーバ・クライアント共通 OS Microsoft Windows 10
      Windows 8.1
      Windows 7 SP1
      Windows Server 2016
      Windows Server 2012 R2
      Windows Server 2012
      Windows Server 2008 R2 SP1
開発環境 Microsoft Visual Studio 2017 (Visual C#、Visual Basic、Visual C++)
     Visual Studio 2015 (Visual C#、Visual Basic、Visual C++)
     Visual Studio 2013 (Visual C#、Visual Basic、Visual C++)
     Visual Studio 2012 (Visual C#、Visual Basic、Visual C++)
     Visual Studio 2010 (Visual C#、Visual Basic、Visual C++)
ハードウェア 本体 IBM PC/AT およびその互換機
CPU Core i シリーズ以上推奨
メモリ 2GB以上を推奨
HDD 1GB以上の空き容量が必要(インストール時)
(※)帳票イメージとパラメータを保存するハードディスク容量が必要
その他 1024x768 65536色以上のグラフィックスが使用できること
Microsoft .NET Framework 4.x の機能が有効であること
Visual Studio C++ 2015 再頒布可能パッケージUpdate 3がインストールされていること