EOS (Extended OCR Service)

EOS (Extended OCR Service)

EOSの特徴

複数のOCRエンジンを設定し、マルチエンジン制御が可能。

帳票を扱う業務フローにおいて、帳票を画像データ化し、システム上で運用・処理するためには、画像処理エンジンや文字認識エンジンなど複数のエンジンが必要になります。EOSはこれら複数のエンジンを組み込むことでそれぞれを制御・動作させることが可能になるサービスです。EOSに設定できるOCRエンジンの製品は当社で開発した製品の他、他社の製品も設定することができ、帳票を扱う業務フローの内容に応じて最適なエンジンを組み込むことが可能です。

業務アプリと一つのインターフェイスで接続可能。

それぞれの画像処理エンジンや文字認識エンジンは全てEOSで制御しているため、業務アプリケーションと単一のインターフェイスで接続することが可能です。

EOS導入効果

業務要件によってOCRエンジンを選択し、最適な業務効率化を実現

マルチエンジン制御が可能なEOSは、業務要件によって適切なエンジンを選択して動作させることができます。例えば帳票の中で、活字文字が記載される項目はOCRエンジンの活用、手書き文字が記載される項目はAI-OCRエンジンの活用という設定にするほか、定型帳票と非定型帳票の文字認識が必要な場合には複数のOCRエンジンを活用し、認識精度を高める設定も可能です。

業務ロジック修正/追加によるシステム上の影響を抑え、改修コストを削減。

業務アプリケーションとEOSを単一インターフェイスで接続することで、業務アプリケーションの改修コストを抑えることが可能になります。
通常、業務アプリケーションにOCRエンジン等を設定する場合は、個別にアプリケーション改修が必要になります。これに対し予め複数のOCRエンジンに対応しているEOSは、業務アプリケーションと接続することで即座に複数のエンジンが使用可能となり、OCRエンジンを切り替える際のアプリケーション改修が不要になります。
また、業務仕様が変更される場合は、システム上の業務ロジックの追加・修正をするため、同様に業務アプリケーション改修が必要になります。これに対しEOS本体には文字認識結果に対する業務ロジックを追加、修正する機能が備わっているため、当該機能を利用することでアプリケーション改修を必要とせず、コストを抑制することができます。

セキュリティ要件対応と伝送効率向上による業務効率化

帳票の画像データをEOSがOCRエンジンに連携する際、文字認識する項目の画像のみを切り取り、かつシャッフルして伝送されるため、個人情報特定を防ぎ、セキュリティ要件に対応します。また、切り出された画像は軽量化されることによって伝送効率が向上するという付随効果もあり、さらなる業務効率向上にも寄与します。