手形・小切手用スキャナ・ソータ LSI

小さな設置面積|条件に応じた印刷とソート|グラフィックプリンタ(QR可)|UV インク
・透かし印刷帳票対応

各パーツ説明

LSI 全体図

アップストリーム表面スキャナ・・・帳票判別や文字認識のためのイメージ取得とアーカイブ用表面イメージ取得
ダウンストリーム裏面スキャナ・・・印字内容を含んだアーカイブ用裏面イメージ取得

機器の特長

デザインと静音性

独自の設計により、サイズはコンパクトで、LSIの設置面積は非常に小さくなっています。LSIは商店、銀行、地方機関の窓口に最適です。LSIは窓口や机上に設置しやすく、単独での業務に対応が出来ます。
リーダー・スキャナであるLSIは、銀行業務の手形や小切手、伝票類の処理に必要なすべての機能(読み取り、スキャン、印刷、ソート)が統合されています。
直観的で簡単な操作方法により、高速かつ確実に処理できます。

信頼性と汎用性

ソフトウェア・アプリケーションと組み合わせて、LSIは、ソフトウェア製品や業務に特化したアプリケーションとの組み合わせにより、小切手、手形、割引券、商品券、請求書、その他、データ出力/印字/不適除外/分類を要する帳票の処理に対応します。
小型機でありながら、一度に約150枚の処理が可能です。

伝票類イメージ

運用性

簡単な操作

帳票の紙詰まりが発生した場合には、カバーが開けられるので簡単に取り除く事が出来ます。

機器設置イメージ

容易なメンテナンス

メンテナンスが最小化されるように設計されており、初歩的なメンテナンス時にスペアパーツ交換や有償購入品は発生しません。(インク交換を除く)
メンテナンスが簡易で操作者自身が行えるため、保守や運用に係るコストを削減します。

制御とセキュリティ

優れた帳票制御

UV、IR、透明度検知技術

さまざまな色のスペクトルと透明度の組み合わせから、条件の異なる画像を最大6つまで同時取得することができます(オプション)。取得されるアップストリーム画像は、従来のグレーまたはカラー画像の処理に使用されるだけでなく、偽造帳票や不適合帳票の検知にも利用できます。

MICRライン読取の確認と検証

磁気読取ヘッドによるMICRラインの読取結果とOCR読取結果とのダブルチェックが可能です。

超音波式重送検知機構

超音波技術は、従来の技術よりも安定していて信頼性が高いため、さまざまなサイズと重量の帳票が混ざった状態で重量検知が可能です。

ソフト・ベルトによる搬送路

搬送中の帳票を保護

セミオープン搬送路がもたらす信頼性に加え、ソフト・ベルト搬送技術が帳票を常に保護し、紙詰まり発生時にも帳票の整合性を保持します。

機器構成

構成

各ポケット

処理速度

動作状態に基づく速度:読取り+画像化(表面/裏面)+印刷+ソート

LSI110 LSI210 LSI330
帳票サイズ:125mm/5インチ(例:食事券または割引券) 66dpm 90dpm 120dpm
帳票サイズ:153mm/6インチ(例:米国小切手) 55dpm 75dpm 100dpm
帳票サイズ:175mm/7インチ(例:フランス小切手) 47dpm 64dpm 85dpm
帳票サイズ:205mm/8インチ 41dpm 56dpm 75dpm
dpm:文書枚数/分

応用

UVインク帳票処理

判別用のシンボル(特定マーク、ロゴなど)をUVインクで事前印刷した帳票に対し、裏面スキャナの画像から、対象シンボルの有無を判別します。
シンボルがない場合、または不適切なシンボルが検出された場合は、処理を中断せずに誤った帳票であると判断され、排出されます。

UVスキャナ例

対象帳票類

  • 小切手、手形
  • 商品券
  • 食事券
  • 割引券
  • 調査票
  • 領収書
  • 投票用紙
  • 郵便物
  • その他
LSIが一度にリアルタイムで抽出し、処理し、よみとることのできる情報の例

有償サービス他

  • トレーニング(メンテナンス、ソフトウェア開発、オペレータなど)
  • メンテナンス(原則、センドバック修理)
  • 消耗品

LSIシリーズのカラーバリエーション

在庫状況・注文数量による個別対応になります。

カラーバリエーション

製品内容については予告無く変更される場合があります。
記載されている製品名会社名は各社の登録商標又は商標です。