Three-Nine Capture

Three-Nine Capture

Three-Nine Captureの特徴

帳票イメージ画像の認識率向上/視認性向上機能

スキャナをはじめとしたデバイスを活用し、画像化された帳票イメージについて、認識率向上のための高度な画像補正処理機能を持っています。
スキャナの汚れによる画質劣化の補正機能、自動天地補正、文字・罫線削除/回転補正など一般的なデバイスが保有している機能と比べてワンランクアップの画像処理機能・性能を持ち、ムラのある帳票やくっきりしない画像でも適切な処理が実行可能です。その結果、システムとして高い認識率達成に貢献できます。

マルチデバイス対応・マルチ認識エンジンへの対応

台形補正機能が必要なスマートフォン・タブレットに加え、中小型スキャナ/複合機・大型スキャナまで、あらゆる入力系デバイスへ対応します。そして、入力デバイスの特性の違いや画質の違いを一旦均一に補正し、それぞれ活用する認識エンジンに最適化した画像を複数枚・複数種類同時に出力することが可能です。これらの対応によりシステム全体の認識率を飛躍的に向上させることができます。

Three-Nine Capture導入効果

高度な画像補正による業務効率化・コスト削減

あらゆるデバイスによって出力された帳票イメージ画像を補正し、活用する認識エンジンに最も適した画像に変換することで、帳票判別率向上やAI-OCRなどでの文字認識率向上による業務の効率化とコスト削減の効果が実現します。とりわけ、従来型のOCRとAI-OCRと組み合わせることで、最小の導入コストで認識率99.9%を達成する事例もありました。

【Three-Nine Captureの導入効果(参考データ)】

●従来OCRエンジンの認識率比較
999Capなし
(Image Value20Pスキャン)
999Capあり
(小型スキャナ+999Cap)
帳票判別率 99.69% 99.99%
活字文字認識率 79.65% 97.72%
手書き文字認識率 93.97% 99.56%
OMR認識率 97.53% 100.00%
●AI-OCRエンジンの認識率比較
999Capなし
(Image Value20Pスキャン)
999Capあり
(小型スキャナ+999Cap)
帳票判別率 99.67% 99.99%
活字文字認識率 92.69% 99.91%

マルチチャネル対応型の業務改善ソリューション提供

事務センターでの集中処理型の業務環境や支店/営業店での分散処理型の業務環境、既にご使用している設備の利用など、本製品を活用することで柔軟にお客様毎の環境に適応した業務改善ソリューションを提供することが可能です。加えて、既にお使いの認識システムに加え、複数の企業が提供する認識エンジンを新規導入し、合わせて活用する場合においても、高い認識率を最も合理的なシステム構成で提供することが可能です。