事例紹介 - 南都銀行 様

南都銀行様 CASE STUDY営業店紙文書の管理を標準化、事務負担減らし経営基盤強化イメージファイル化も並行運用でペーパーレス化を促進

南都銀行様は中期経営計画に「活力創造プラン」を掲げ、全行で業務生産性の向上、BPRに取り組んでおられます。文書管理体制の再構築は事務負担を軽減し、リソースを営業に振り向け競争力を高めることが狙いです。そこでコクヨの文書管理システム「金文」の導入と同時に、ペーパーレス化にも取り組み、プリマジェスト社の高速スキャナ「ImageValue 20」、イメージ検索システム「Image Focus」を組み合わせたイメージファイリングシステムを採用し、2016年4月から運用を開始しました。
どのように文書管理業務の合理化に取り組まれたかを、事務統括部上席業務役の山口善夫氏、グループ長代理の木村啓子氏、グループ長代理の中山隆介氏にお聞きしました。

南都銀行様 事例紹介
導入背景
  • 営業店まかせの文書管理を改善するため、文書管理体制の再構築を実施
矢印 右へ
導入のカギ
  • 紙文書ファイル管理を標準ルールで一元管理
  • 営業店の文書を減らすとともに、ファイリングの手間をなくし事務負担を軽減
  • イメージファイリングシステムの検索の容易性、柔軟でセキュアな検索権限、拡張性の高さを評価
矢印 右へ
導入効果
  • 保存期限の短縮や廃止、紙保存への意識の変化
  • 営業店作業時間を1日あたり約20分短縮