事例紹介 - 広島銀行 様

広島銀行様 CASE STUDYプリマジェストのイメージソリューション導入で経営課題の一角「事務部門効率化」が現実的に

1878年創業、国内に167カ店、中国・四国地方の地方銀行で最大規模の預金残高6兆円超、貸出金残高5兆円超を有する広島銀行。
同行は2015年3月、「中期計画2015“地域と共に未来を『創る』”」(計画期間:平成27年度~平成29年度)において「業務効率化戦略」-「事務部門の効率化」を打ち出しました。その重責を担うのがプリマジェストのイメージソリューションです。事務部門の効率化にいかに寄与しているかについて取材しました。

広島銀行様 事例紹介
導入背景
  • 事務センターの本体への吸収を機とした「事務部門の効率化」の推進
矢印 右へ
導入のカギ
  • 『商品・サービス単位』から『作業単位』へのシフトへの可能性
  • 「入力」「識別」の二つの課題を同時に解決
矢印 右へ
導入効果
  • 業務量2-3割減少
  • 応援体制の確立
  • ミスの減少